趣旨

趣旨

当協会は、血液浄化法・腎移植等腎不全に関する知識の普及を図るとともに、腎疾患の予防と治療に役立つ研究を助成する財団法人として昭和57年宮城県知事の認可を受けて設立され、これまで県民医療の向上に資し、福祉の増進に寄与してまいりました。

しかし、本県の腎不全による人工透析患者は、国民の高齢化に伴い毎年概ね100名程度の増加傾向にあります。腎不全の治療として腎移植がありますが、ドナーの不足等により献腎移植は毎年数例が実施されているにすぎません。

当協会はこれらの現状を踏まえ、今後も「腎バンク」としての腎不全対策、腎移植の推進等に積極的に取り組んで参る所存であります。

これら事業に関する経費は、宮城県・仙台市等各市町村・及び各種団体等からの出損金のほか、多くの法人(団体)並びに個人の寄付金によりまかなわれてきました。しかし、運用益金となる果実が極端な低金利の長期化により、事業推進に支障を来している状況にあります。

当協会の趣旨と現状をご理解いただき、賛助会員として、または寄付金によりご支援を賜りたく存じますので、ご協力のほどお願い申し上げます。なお、当協会は宮城県知事より「特定公益増進法人」の認可を受けており、税法上の優遇措置を受けることができます。

運用寄付金としてご支援くださる方へ

運用寄付金としてご支援くださる方は、「運用寄付申込書」を当協会事務局あてに、FAX、郵便、メールのいずれかでご連絡ください。金額の制限はございません。

  • 運用寄付申込書
  • 運用寄付申込書

賛助会員としてご支援くださる方へ

賛助会員としてご支援くださる方は、「賛助会員入会申込書」に必要事項をご記入のうえ、当協会事務局まで、FAX、郵便、メールのいずれかでご連絡ください。
尚、下記賛助会員規程及びH27年度現在までの会員名簿PDFをご参考にしていただければ幸いに存じます。

賛助会費は、1口法人会員5万円 個人会員3万円となっております。

  • 賛助会員入会申込書
  • 賛助会員入会申込書
  • 賛助会員規程
  • H27年度 賛助会員名簿

運用寄付金・賛助会費の入金方法

下記の口座へお振り込みをお願いします。
誠に勝手ながら振込手数料はご負担くださいますようお願いいたします。

銀行名 七十七銀行 下馬支店
口座番号 普通 9064672
口座名義 公益財団法人宮城県腎臓協会 理事長 吉永 馨
名義フリガナ コウエキザイダンホウジンミヤギケンジンゾウキョウカイ  リジチョウ  ヨシナガ カオル
各種寄付金等お支払方法のご案内(PDF文書)

税法上の優遇措置について

当協会は、宮城県知事より「特定公益増進法人」の認可を受けています。法人及び個人が当協会に5,000円以上の寄付をされた場合には、税法上の優遇措置が受けられます。
「特定公益増進法人であることの証明書の写し」及び「税額控除に係る証明書」を同送いたします。
(当協会が、税法上の優遇措置適用法人として認められているため、寄付金控除又は寄付金損金算入等税務署へ提出するのに必要な書類。)

1.法人の場合 一般の寄付とは別に、以下を限度として損金算入されます。
(所得税の金額の2.5%+資本金の金額×0.25%)×1/2

2.個人の場合 寄付金金額と所得金額の30%のいずれか少ない金額-5,000円が所得税の課税所得が控除されます。
優遇措置を受けるには、確定申告が必要です。

3.申告に必要な書類 当協会が発行した「領収証」・「特定公益増進法人であることの証明書の写し」・「税額控除に係る証明書」

申告に必要な証明書(PDF文書)

住民税控除について

当協会に寄付をされた個人の方で、下記に当てはまる方は、住民税の控除が受けられます。
詳しくは当協会又は現住所の市町村にお問い合わせください。

1.宮城県民税 宮城県内に現住所がある方

2.市町村民税 仙台市・石巻市・多賀城市・富谷町・女川町・亘理町に現住所がある方

page top