宮城県腎臓協会「募金自動販売機」新規設置の推進の目的

宮城県腎臓協会について

宮城県腎臓協会は、1982年に宮城県や仙台市をはじめとする各自治体からご援助をいただき、設立されました。
以前は死病であった腎不全は人工透析や腎移植など、医療の発達により治療が可能となりましたが、その一方で患者さんは増加し続けております。さらにメタボリックシンドロームの激増により、高血圧や糖尿病による腎不全は増加しており、今や8人に1人が腎臓病患者と留まるところを知りません。
このような課題に対し腎臓病患者やそのご家族の支援、そして腎臓病の予防や臓器移植に関する普及啓蒙を行うことが当協会の目的となります。

社会貢献型「募金自動販売機」新規設置の推進活動発足の経緯

当協会は皆さまの寄付金で成り立っており、普及啓蒙活動を行っております。腎臓病疾患者が増え続ける中、充分な普及啓蒙活動が難しい状況でございます。

そこで、この度、普及啓発活動費の確保の新たな寄付募集活動として、宮城県腎臓協会と自販機メーカー(株)伊藤園、コカ・コーラボトラーズジャパン(株)、アサヒ飲料(株)、サントリービバレッジサービス(株)の4社が連携し、清涼飲料水の「募金自動販売機」の新規設置の推進活動にいたりました。

清涼飲料水の売り上げの一部を当協会に募金いただき、腎臓病の予防や臓器移植の普及啓蒙活動に活用させていただきます。

留まるところを知らない腎臓病の予防・対策を推進すべく「STOP the 腎臓病」をキャッチフレーズとして、なかなか進まない腎臓病の予防や臓器移植の普及啓発活動に役立てさせていただくために「募金自動販売機」の新規設置へのご協力を全国の企業・団体の皆様に呼び掛けさせていただいております。

社会貢献型「募金自動販売機」の仕組み

社会貢献型「募金自動販売機」の仕組み

設置先のお客様はまず、(株)伊藤園、コカ・コーラボトラーズジャパン(株)、アサヒ飲料(株)、サントリービバレッジサービス(株)の4社の中から希望メーカー様と設置契約を結びます。併せて設置契約に伴う買価、販売手数料等の詳細の取り決めを行い新規設置いたします。その後、募金自動販売機の売上の5%を、毎月(株)伊藤園、コカ・コーラボトラーズジャパン(株)、アサヒ飲料(株)、サントリービバレッジサービス(株)から宮城県腎臓協会献金基金へ募金として支払われることとなります。
設置者さまのご負担は、設置スペースのご提供と自動販売機にかかる電気代(平均月1,500円)のみとなります。

お問い合わせ・設置ご希望の方はこちらから ▶

導入事例の「募金自販機」 新規設置・予定明細表のご紹介

「募金自動販売機」の最新の新規設置・予定明細表はこちらからご覧ください。

新規設置写真紹介

  • 仙台市医師会看護専門学校様 ~ 仙台市医師会看護専門学校様 ~
  • 株式会社エムエフ仙台本社様 ~ 株式会社エムエフ仙台本社様 ~

メディア掲載

「募金自動販売機」が、平成29年7月15日の河北新報社様の記事に掲載されました。

河北新報社様の記事

「募金自動販売機」新規設置のお願い

「募金自動販売機」の新規設置は、企業・団体の皆様のCSR活動の一助となり、また、地域貢献活動の一助として健康増進策に活用させていただく社会貢献活動でございます。
ぜひ、趣旨にご賛同・ご理解を賜り、宮城県腎臓協会と自販機メーカー(株)伊藤園、コカ・コーラボトラーズジャパン(株)、アサヒ飲料(株)、サントリービバレッジサービス(株)4社とのタイアップ社会貢献型「募金自動販売機」の新規設置の推進へのご協力、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

ご支援いただいた寄付金や募金による腎臓病の予防や臓器移植の普及啓蒙活動報告は適宜ホームページや会報にてお知らせいたします。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームをご利用の際は、必ず下記「個人情報保護方針」をご一読ください。
下記内容に同意していただけましたら、下記フォームに必要事項をご入力の上、「入力内容確認画面へ」ボタンをクリックしてください。
なお、お問い合わせの内容によっては、ご返答が遅れる場合がございます。ご了承ください。

任意 貴社名・団体名
必須 ご担当者名
任意 フリガナ
任意 ご住所 〒 (例)123-4567
都道府県名 
市区町村・番地・マンション名など
必須 お電話番号
任意 メールアドレス
任意 メールアドレス
(確認用)
任意 お問い合わせ内容
page top